スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PROJEKTXV r4が出た [SM5][テーマ]

このテーマは3.9系のテーマなんですが、
StepMania 5用に移植されていますので、画像でざっと紹介しておきます。
タイトルメニューにあるカスタマイズの項目が素敵でした。

PROJEKTXV | the spinal shark collective
http://ssc.ajworld.net/?p=XV

20120530_01.jpg

20120530_02.jpg

20120530_03.jpg

20120530_04.jpg

20120530_05.jpg

20120530_06.jpg
スポンサーサイト

hanubeki-modified-sm-ssc (StepMania 5 誰得ビルド) が出た[SM5][本体]

最初に言っておきますが、これは公式の本体ではありません。

この本体は日本人の方がビルドしたStepMania 5ですが、
本家にはない機能が色々付いています。
詳しくはテキストが入っていますので、それをチェックしてみてください。

Twitter / 803832: hanubeki-modified-sm-ssc (
https://twitter.com/803832/status/206552086895263744


CBRK 803832 - 音楽ゲーム関連 > StepMania 5関連
http://www.geocities.jp/cbrk803832/stepmania5.html

曲選択画面でdance-octoモードという8パネルの譜面を選択できます。
日本では未発売のPS3・XBOX360版DDRに搭載されているモードだと思います。
dance-octoモードは今のところこの本体だけでしか遊べないでしょう。



わりと難易度高めな感じですが、わかる人は試してみてはいかがでしょーか。



■追記 5月29日
制作者のhanubeki氏にコメントをいただいてしまいました!
わざわざ申し訳ありません。

今のところノートスキンがdance-octoモードに対応しておらず、
次のバージョンではdefaultノートをdance-octoモードに対応させる予定とのこと。

その時また、こちらもリンクを変えさせていただきます。


■追記 5月31日
更新されましたのでリンク先を変更しました。
defaultノートスキンを使うとdance-octoモードも遊べます!



さてこの改良バージョンを試すような人は自分で追加できるかもしれませんが、
一応dance-octoモードのノートに対応させる方法を書いておきましょうか。

要するに、dance-octoモードは「DownLeft」「DownRight」が新しく必要なので、
自分でそれを用意するか、設定を変えればいいわけです。

では仮に、SM5のdefaultノートを改造する場合は、NoteSkin.luaを開いて、
(StepMania/NoteSkins/dance/default/NoteSkin.lua)

ret.RedirTable =
{
  Up = "Down",
  Down = "Down",
  Left = "Down",
  Right = "Down",
  UpLeft = "Down",
  UpRight = "Down",
  DownLeft = "Down",
  DownRight = "Down",

};

その中のret.RedirTableに「DownLeft」「DownRight」を追加します。
defaultノートはdownを回転させているだけですので、それを利用します。

このままだと回転できていませんので、回転設定も付け加えます。

ret.Rotate =
{
  Up = 180,
  Down = 0,
  Left = 90,
  Right = -90,
  UpLeft = 135,
  UpRight = 225,
  DownLeft = 45,
  DownRight = -45,

};

こんな感じでとりあえずは出来ますよ。細かいところはご自由にどーぞ。

Spunik mixが出た [パッケージ]

新しくパッケージが公開されています。
足譜面がメインで、手譜面も若干含まれているそうです。

sputnik mix
http://sputnik.nekokan.dyndns.info/

2012-05-28_01.jpg

2012-05-28_02.jpg

ssc形式譜面を日本語で解説するWiki [SM5][リンク]

StepMania 5では、ssc形式の譜面が採用されています。
譜面をエディットしてセーブしたときに出てくる拡張子が.sscのファイルのことです。

もちろん今までのStepMania譜面のsm形式(拡張子が.smのファイル)にも
当然ながら対応しています。

Dance With Intensity というシミュレーターのdwi形式(拡張子が.dwiのファイル)
はSM5で読み込めますが、もう書き出しはされていないようです。



ssc形式の譜面には新しい要素が追加されています。
それを日本語化ファイル制作者のナイラー氏が日本語でwikiにまとめてくださいました。
SM5で譜面を作る人はチェックしてみてはいかがでしょう。

nilerkossori @ ウィキ - ssc形式譜面の仕様
http://www38.atwiki.jp/nilerkossori/pages/35.html

speedkillsが出た [SM5][テーマ]

ゲーム中にハイスピードを変更することを実証するテーマ、
というStepMania 5用サンプルテーマファイルが公開されました。

こんなことも出来るとは……!!

Twitter @803832
https://twitter.com/#!/803832/status/200769033652539394

ツイートは英語ですが、803832氏(hanubeki氏?)という日本人の方の制作物で、
日本語で説明文が内包されています。
今のところ、コースモードは非サポートのとのこと。



ワクワクしながら試してみました。

ゲーム画面に入ると画面の上側に文字が数秒間だけ表示されます。
この場所に注目です。

20120511_01.jpg

スピードを変更するには「セレクトボタン+上下ボタン」を押します。
セレクトボタンはコンフィグで設定できますが、
デフォルトでは、1Pは「/ボタン」、2Pは「テンキーの0」になります。

1P側なので「/ボタン」+「上ボタン」でスピードをアップしてみます。
現在は1倍速です。

20120511_02.jpg

出来ました!
設定では0.25ずつ上がりますので、1.25倍のスピードになっています。
矢印の間隔も少し広がっているのが分かると思います。
次は2倍にしてみましょう。

20120511_03.jpg

ちゃんと2倍速になりました!
矢印の間隔がしっかり2倍になっていますね。



テーマに興味のある人はとにかくお借りして試してみましょう。

しかしこういうことが出来るとは知らなかったので、
改めてSM5系の自由度の高さを思い知りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。